きちんと洗い落とすことで悩みも小さくできる

記事リスト

メイク道具

美容の基本

年頃になるとさまざまな理由から、素肌のトラブルが気になりますが、丁寧に洗顔をおこなうことで美肌になることが可能です。とくに、夜の洗顔を欠かさないことで、素肌に自信が持てますし、明るい印象を与えることができます。

詳しく見る

丁寧さが美肌には大事

笑顔の女性

刺激を与えない

肌の悩みを少しでも小さくするには、洗い方も大切です。健康的な肌タイプから、脂性・乾燥・刺激性までの肌タイプがありますが、基本は、洗顔石鹸による泡と手で優しく洗っていきます。洗顔と一口にいっても、くるくる洗い、なで洗いなどの洗い方があります。ニキビ肌や日焼けをした炎症の気になる場合には、刺激を加えないためになで洗いですが、丁寧に洗いましょう。ニキビ肌に悩む人は少なくありませんが、多くの場合、皮脂腺が多く汚れやすい部分にできやすいのが特徴です。額や鼻などが一例ですが、洗顔石鹸の泡で肌をなでるように洗いましょう。また、皮脂の出やすい部分でもありますから、しっかり丁寧に洗います。ヒリヒリした日焼け肌も同様、シミやくすみの原因になるために、水だけの洗顔よりも美白成分を含む石鹸や洗顔フォームで、丁寧に洗いましょう。逆に、手のひら全体を使って、くるくると円を描くようにサッと洗うのは、皮脂腺が少なく、肌が乾燥して荒れやすい部分です。例えば、まぶたや唇などです。また、唇にしても日焼けした肌にしても、洗顔中に皮がめくれたとしてもムリに剥がすことは避けましょう。ニキビも潰してはいけませんが、万が一潰れてしまったのなら、雑菌が入らないようによくぬるま湯ですすぎ、タオルドライしてからニキビ専用の薬用品でケアしましょう。カサつきによってかゆみが出る症状では、泡洗顔さえも刺激になる可能性もあります。残った泡でサッと洗う、もしくは拭き取り化粧水で汚れや皮脂を取り除き、保湿クリームでケアをする、そうしたフェイスケアでも優しくが基本になります。

女性

洗い方から見直そう

美肌づくりは丁寧な洗顔からつくられます。しかしながら、その洗顔も化粧品を用いることでキレイをつくり出せるものです。顔を洗うことは老若男女問わず行う行為、誰から教えられるものでもありません。だからこそ洗い方という基礎が大事になります。

詳しく見る

メイク道具

きれいな肌を保つ方法

毎日洗顔をしているはずなのに、吹き出物や黒ずみがなかなか取れないという人は、毛穴に汚れが詰まり固まっている可能性があります。固まればなかなか取れないので、洗顔にひと工夫することで毛穴の中の汚れもしっかり取ることができます。

詳しく見る

顔を洗う女性

どんなものを使うのか

今は洗顔のための専用アイテムもたくさんあるので、洗顔料だけではなく、きめの細かい泡を作ることができるようにアイテムを使ってみるとよいでしょう。また自分の肌質に合うものを選択して使っていく、ということも大切です。

詳しく見る

顔を洗う女性

価格も特徴も多彩

洗顔料には300円台の安いものから1,000円台のもの、さらにはデパートの高級化粧品ラインに含まれる3,000円以上の高価なものまで幅広い価格帯があります。値段によって求める機能やブランドイメージが異なります。

詳しく見る