きちんと洗い落とすことで悩みも小さくできる

記事リスト

価格も特徴も多彩

顔を洗う女性

手軽なものから高級品まで

洗顔料の価格帯は非常に幅広く、また製品の特長にもさまざまなものがあります。ドラッグストアやスーパーの化粧品コーナーなどにあるものは、300円台から500円台の安価なものが主流です。昔ながらの固形石鹸もありますが、使いやすさの点から売り場で最も多くの面積を占めているのは泡立てて使う洗顔フォームとなっています。多くのものは潤いを残しながら汚れはスッキリ洗い上げるといった基本的な機能を満たしており、手軽さと入手のしやすさから高い評判を得ています。最近では最初から泡で出てくるタイプのものも人気です。同じドラッグストアやスーパーなどでも、もう少し上の1,000円台〜2,000円台の価格帯のものもあります。安い価格のものは洗顔専門のブランドが多いのに対し、こちらの価格帯ではスキンケアラインの一部に含まれていて、化粧水や乳液などとライン使いが可能になっているものが多いのが特徴です。同じラインのスキンケア用品とコンセプトを揃えており、保湿や美白、アンチエイジングなど機能を特化したものも多く出ています。ライン使いすることでスキンケア効果を高められること、より自分の悩みに合った製品を選びやすいことなどから費用対効果は悪くないと評判です。デパートで扱う高級化粧品にも洗顔料があり、こちらは3,000円以上とかなりの高価格帯です。ですがブランドや機能にこだわりのある人には高くてもそれなりの価値があるとして高い評価を得ています。